赤い帝国~産声をあげる

どうも!

 

かずきです

 

 

今回は

前回の続きです!

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190428225453p:plain

 


 

見ていない人はぜひ見てね

https://blog.hatena.ne.jp/thepersonwhohavehistoryhobby/thepersonwhohavehistoryhobby.hatenablog.jp/edit?entry=17680117127083068351

 

 

皇帝が退位した後の

ロシアにおいては

2つの政権があった

 

そこからの続きですね

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190501195223j:plain

 

 

 

 

なかなか

歴史の漫画などでは

革命→ソ連誕生

 

という感じに

省略されることが多いです

 

 

 

 

なので

この話を知っておくと

歴史友達との会話

広がるかもしれませんよ

 

 

 

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190426223450j:plain

 

 

皇帝が退位した

1917年

まだ第一次世界大戦の途中

 

 

 

臨時政府

戦争を続ける方針でした

 

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190501195343p:plain

 

それに対してソビエト

戦争の終結を目指します

 

 

 

 

「全ての権力をソビエトに!!」

スローガンとして支持を集めます

 

 

そして

首都ペトログラード

武装蜂起

 

 

 

臨時政府の閣僚らを

逮捕

首相のケレンスキー

アメリカに亡命

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190428222038j:plain

ロシア臨時政府 首相 アレクサンドル・ケレンスキー

 

ソビエト

ロシアの敵国や同盟国

戦争止めない?と提案するも

 

 

返答を得られたのは

ドイツなどの

中央同盟国側のみ

イギリスやフランスからは

無視されました

 

 

そしてソビエト

ブレスト・リトフスク条約

中央同盟国と締結

 

 

ドイツとかに領土あげるから

戦争止めようっていう内容です

 

この条約の名前そのもの

聞いたことがある人が

多いかもしれません

 

 

ただ

この条約には

面白い逸話があります

 

 

このときに

少しソビエト

しょうもないミス

やらかしたんです!!

 

 

 

ドイツ

ポーランドリトアニア全て

それとラトビアエストニア

一部ちょうだい

 

って言われたのですが

 

 

ソビエト

そんなの無理!

拒否してしまいます

 

 

 

その結果

ドイツ軍に攻撃を受けて

 

 

ソビエト

 

最初の要求に加えて

ベラルーシの全部と

カフカスの一部も

あげるから許して!

 

 

と言って講和することになりました

 (後にソビエトは条約を破棄)

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190428214500p:plain

緑色の場所をドイツへあげた


 

 

 

しかし

臨時政府を追放したところで

 

即時にソビエト連邦誕生とは

なりません

 

 

 

ソビエトは1枚岩ではなく

ボリシェビキ、メンシェビキ

エスエル、カデット

 

などなど

様々な党派がありました

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190428221105j:plain



 

ボリシェビキには

後のソ連

初代トップとなる

レーニンがいました

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190428215645j:plain

ウラジーミル・レーニン



 

ボリシェビキ

いろいろと理由をつけて

敵対政党

粛清しました

 

 

逮捕、追放、銃撃などなど・・・

荒々しい手段を用いて・・・

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190428220104j:plain



 

そして

ソビエト一枚岩となったかと

思えば

まだまだ苦難は続きます

 

 

 

ブレスト・リトフスク条約による

穀倉地帯の喪失

流通が機能しないがため

食料を国内に供給できないこともあり

 

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190427234124p:plain

 

ボリシェビキは食料を農村から

強制的に取り立てて

その結果

一部の農民が武装蜂起します

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190428220309j:plain



 

さらには

地方にいた

皇帝寄り領主や軍人

などのボリシェビキ勢力蜂起して

 

 

内戦が起こります

 

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190428223034p:plain

 

 

さらに 

アメリカ・イギリス

フランス・日本

 

臨時政府

倒されたから助けよう!という建前

共産主義ヤバイ!!

ボリシェビキ潰そう!!という本音を使い分け

 

 

ボリシェビキ打倒のため

内戦に介入

 

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190428220634j:plain



 

しかし

ボリシェビキ勢力

まとまりがありませんでした

 

 

リーダーがおらず

将軍は皆それぞれ

「自分がトップだ」

そう思ってた人の集まりだったからです

 

 

 

さらに

蜂起はしたものの

ロシア帝国時代法令

復活させたりしていました

 

 

せっかく革命が起きて

皇帝を倒したのに

これでは

国民は萎えます

 

 

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190426202929j:plain

 

 

それに対して

ボリシェビキは農民への

公平な土地分配など

 

 

分かりやすいスローガン

掲げて

農民味方につけることに成功します

 

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190428223117p:plain

 

そして

外国の軍隊も

いつ終わるか分からない戦争に

不満をもち撤退します

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして

内戦と外国の

介入を退けたボリシェビキ

 

ロシア帝国

所属していた国をまとめて

 

 

ソビエト連邦を作りました

 

f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190428221729p:plain

 

 

革命・内戦・外国の介入などの

難産を乗り越えて

1922年に

世界初の共産主義国は誕生しました

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

 

 

 しかし・・・

 いきなりソ連の話を始めると

多くの人は「?」ってなります

ソ連崩壊が今から30年前なので)

 

 

 

だったら

初めはロシアについて

話してみるのはどうでしょう?

(もしくは第一次世界大戦とか)

 

 

 

現在のロシア連邦の歴史

まだ30年しかないって言ったら

ほとんどの人を

驚かせるんではないでしょうか?

 

 f:id:thepersonwhohavehistoryhobby:20190501201252p:plain

ロシア連邦 国旗↑ 

 

 

今回は

ここまでです

 

 

見てくれてありがとう